トップ > 2 ご挨拶 1 会員のご紹介 << 前|次 >> 3 はり灸マッサージとは
会員挨拶とはQ&A保険入会定款役員組織歴史計画研修行政免許Link末尾↓

ホームページにようこそ

会館と理事長の写真です

理事長 臼井武文

東洋療法の歴史的経過について

東洋療法は、古代中国で生まれ、普及発展し、日本には仏教伝来と同時期に伝えられました。その中でも特に鍼灸は、歴史の中で日本独自の発展を遂げ、江戸時代までは、医療の中核を担っていました。

明治時代になると、当時の政府の方針で西洋医学が日本の医療の中心となり、東洋療法は一旦表舞台から退くこととなりましたが、その間も日本の伝統医療として脈々と受け継がれてきました。

戦後、鍼灸マッサージを中心とした東洋療法は「人に優しい、安心・安全な医療」として欧米を中心に全世界に広まり、現在に至っています。

なぜ東洋療法が注目を集めているのか

  1. 今の現代医学だけではすべての病に対処することはできないのではないかと気付き始めた
  2. 現代医学はお金がかかりすぎる
  3. 副作用を始め、様々な問題が浮き彫りになってきたこと
  4. 健康とは、痛いからその部分だけの痛みを取り除くのではなく、身体全体の状態の質を高める(QOL)ことが大事なのだと気付いた
  5. 病にかかる前に予防する予防医学が大事なのだと気付いた

長野県針灸マッサージ会館周辺

以上のことを東洋療法がカバーできる、つまり今まで原因不明とされてきた病に対処できたり、費用もそこまでかからなかったり、副作用がなかったりすることが全世界に認知されてきたからと考えます。

もちろん東洋療法だけでは解決できない病もあります。そういった意味でも、これからの時代は、西洋医学と東洋医学をしっかりと組み合わせた統合医療が求められる時代になってきています。

長野県はり灸マッサージ師会について

当会は1921年(大正10年)に創設され、全国的にも非常に長い歴史を持つ医療団体です。会員は長野県内に在住し、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師の国家試験に合格し、各免許を交付された者で構成されています。

県師会の活動目的

私たちの目的は、専門的な技術・知識で、一人でも多くの方を治療し、癒し、病気にならない身体をつくる「治未病」を達成することで、社会福祉の増進に寄与することと、公衆衛生を含めた一歩上の医療を提供することが出来る治療家の育成を行うことにあります。

私たち長野県師会は、制度・教育などがしっかりとした、会員の皆様が安心して施術を行える組織づくりをし、国家資格を有する医療人として、より安心・安全な医療の提供を目指し続けていきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

平成26年(2014年) 5月

photo
先頭へ
長野県針灸マッサージ会館
-
トップページ
1 2 ご挨拶 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
-
先頭へ